Yahoo!に登録~競争の激化

アフィリエイトビジネス研究会 ≫アフィリエイトの実例 ≫Yahoo!に登録~競争の激化

■Yahoo!に登録

1年半ほど経ったころ、Yahoo! Internet Guideに掲載されたことを機に、久しぶりにYahoo!に申請すると、見事に登録されることになりました。それだけでなく、「今日のおすすめ」サイトにも掲載されることになりました。この効果は凄まじく、それまで1年半で36,000アクセスだったページが1日で18,000以上ものアクセスをとることができました。

Yahoo!サーファーのオススメ

さすがに凄まじいアクセスはこの日から3日程度で終わりましたが、Yahoo!に登録されることはかなりの効果をもたらしてくれました。成果報酬も従来の10倍以上になり、「お小遣い」から「副収入」になりました。しかし、この頃がピークでした。

■競争の激化

その後もこれと言って手を打たずに、内容に力を入れていました。ネタのぱくりをしたくないということもあって、他の節約サイトはあまり見ませんでした。その間、わずか1年半の間に時間は流れていました。

私は大きな誤解をしていたのです。「時間が経てば、インターネット人口は増えるし、私のサイトの知名度も向上するから、アクセスも伸びるし、収入も増える」と考えていたのですが、これは正しくなかったのです。

見落としていたのは競合サイトの存在でした。インターネット人口は増えているのは間違いなく、ブロードバンド化も進んでいるので、節約サイト全体へのアクセス総数は増えているに違いないのですが、それ以上にホームページの作成が容易になり、競争が激化していたのです。

Yahoo!で検索すると、私のサイトがYahoo!に登録された頃に比べて数倍の節約サイトがカテゴリ登録され、副収入サイトも山のように出来ていました。私のサイトは埋没への道を歩んでいることに気がつきました。

自分のサイトにいろんなところからリンクが増えているのは知っていました。節約関連番組が放映されるたびにアクセスが伸びるのも把握していました。でも、アクセスが漸減していることにはそれほど関心を払ってなかったですね。自分と市場の分析だけで、競合の分析を怠っていたのが最大の間違いです。これはビジネスにおいても注意しなければいけないことです。

アフィリエイトサイトの立ち上げ | TOP | 収入アップ策第1弾