一般サイトの立ち上げ

アフィリエイトビジネス研究会 ≫アフィリエイトの実例 ≫一般サイトの立ち上げ

■一般サイトの立ち上げ

私の友人の間でホームページ作りが流行っていたので、遅れまじと作ってみました。位置付けとしては自己表現の場だったので、自分の趣味を活かした、というか、趣味を紹介するページとしました。私の趣味の乗馬(乗馬クラブガイド、初心者へのガイダンス、川柳)、競馬(写真、一口馬主、コラム)、旅行(モンゴル旅行記)、ボウリング(ボウリング場ガイド)などで構成し、1997年の5月にオープンさせました。今から考えると無茶苦茶ですが、個人HPが少なかった当時としては、それぞれオリジナリティのあるコンテンツだと思っていました。

えくすぷれすのホームページ

ご存知の方もあるかと思いますが、今ではとても難しいYahoo!のカテゴリの登録は、当時ほとんど審査がなく、あっさりとカテゴリ登録が承認されました


クリックすると拡大します。

■バナー広告との出会い

インターネットを収入につなげることが出来ないか考えていたときに、バナー広告を掲載する方法があることを知りました。当時のバナー広告は、バナーのサイズの指定だけを行うことが出来、あとは広告会社がランダムに広告をローテーションするしくみでした。クリック単価は20円~30円くらいだったと思います。

さっそく、当時有力だったとあるプログラムに申し込みを行い、1週間後に審査を通過しました。すぐにバナー広告を貼り付け、うれしくなって何度かクリックしてしまいました。広告の内容はマンションの広告など、とんでもないものでしたが、とりあえず、クリックしておきました。他の人のクリックがあったのかどうか分かりませんが、1日に50円から100円分の収入になり、プロバイダ代の足しになるなと考えていました。

つまらないサイトに見えるでしょうが、友人の間では、評判は悪くなかったんですよ。バナー広告を貼った当時の発想は、プロバイダ代の足しにというのが主でした。まだブロードバンドが普及していない頃にCATVでインターネットやってたものですから、高かったんですよ。

TOP | 契約の解除